婦人科・腹腔鏡手術

マーク ラフ先生は、婦人科に関する全範囲の治療を提供しています。腹腔鏡検査(キーホール手術)、および子宮鏡検査を含む、患者様にとって負担の少ない婦人科外科手術を専門としています。これらの手術に関して2年間のフェローシップを終了したほか、婦人科外科修士号を取得しました。そしてその高いレベルの資格と最新の医療学術と技術を基に、患者様にとって最も安全かつ最良の方法で、婦人科疾患の手術に取り組むことを可能にしています。

彼は、以下のような良性の婦人科疾患について、内科的、外科的なものを含むあらゆる種類の治療オプションを提供しています。

  • 子宮がんの早期検診(Papsmear)および膣頸管検査(コルポ診)
  • 月経不順・不正出血
  • 骨盤腹膜炎・子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫・婦人科良性腫瘍
  • 子宮筋腫
  • 子宮外妊娠・流産
  • 不妊症
  • 家族計画・避妊相談
  • 骨盤臓器脱・性器脱
  • 尿失禁・排尿障害
  • 更年期障害
  • 閉経期後出血

ラフ先生は現在ノーザンビーチのモナベールで面談、診察し、Mona Vale Hospital、North Shore Private Hospital、Sydney Adventist HospitalとThe Mater Hospitalの病院で、手術を行っています。